« すずめ育て日記⑩ | トップページ | すずめ育て日記⑫ »

2005.10.22

すずめ育て日記⑪

~8月24日~

カゴ生活に慣れすぎてあまり飛ばなくなってしまった。
体力つける為にも飛んで欲しいんだけど・・

コクシジウムの為、餌の訓練が出来なくなった。
糞に卵があってそこから感染するので
殻付き餌バラまいたり、ミルワームを放すと
糞付きで口にしてしまう恐れがあるので~
餌入れに入れてあげた。
だけど・・ムチャクチャかき出してしまう(*_*;~困ったな。
どうも好きなカナリーシードを探しているようだ。

~28日~
キクスイさんから届いた塩土ボレーと粟の穂をあげる。
食べているかは?でも突いている。
握っている手の中でゆったりしている。
少し慣れてきた!?

~30日~
すり餌を散らかす!
少し食べてから遊んでしまっているようです^_^;

コクシの薬を飲ませる為に毎日朝・夕握ることになった。
挿し餌卒業してほっとしてたのになぁ・・
薬は補液(ほえき)をあたえる要領で1滴づつ
喉をコクコクと通るのを確認しながらあたえます。
嘴の端にたらすだけなので、挿し餌よりは簡単!
だけど慣れるまではぴなが急に動くと
ぜんぜん違うところにたらしちゃったりしてました(^^ゞ

リリース予定なので名前はつけてなかったけど
挿し餌の時やこの薬をあげる時などなだめる為に
「ぴー・ちび・ぴよ・ひな・・」などなど自然と言ってたら!
いつの間にか「ぴな」と呼んでいました。


cimg0469_s


|
|

« すずめ育て日記⑩ | トップページ | すずめ育て日記⑫ »

コメント

レオママさん!
小鳥専門でなくっても小鳥を診れる先生がいる病院!!
というのがポイントです。
動物病院ならどこでも診てもらえるけど
分からない先生だと本当に「見る」だけの
診察しかしてもらえないって事もよく聞きますよ。

シーパぷは
「横浜小鳥の病院」http://www2u.biglobe.ne.jp/~avian/index.htm
ぴなは「グローバル動物病院」HP無し。
でお世話になっています。
初めに小鳥屋さんで紹介されたのが
グローバル動物病院だったんですけど~
そのころはリスもいて一緒に連れて行ける
げっ歯目も専門の小鳥の病院に行くようになりました。

↓こちらのサイトで小鳥を診られる病院リストがあります。
http://homepage2.nifty.com/ikedachunko/byoin.html

投稿: rei→レオママさんへ | 2005.10.26 18:35

いきなりですが、質問です。鳥を病院に連れて行くときはやはり、鳥専門の病院に行った方がいいんですよねぇ?普通の獣医さんでみてもらえるんでしょうか?
うちの文鳥たちに何かあった時のために、事前にちゃんと調べておかなくちゃね…

投稿: レオママ | 2005.10.22 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81792/6508577

この記事へのトラックバック一覧です: すずめ育て日記⑪:

« すずめ育て日記⑩ | トップページ | すずめ育て日記⑫ »