« お久しぶりです(^^ゞ | トップページ | 鳥かご改造計画!~つづき~ »

2007.02.07

ぷっち・その後~

12月17日に手術をして術後の経過が良く
退院して自宅療養となったぷっちですが・・・

退院1週間後、
小鳥の病院が年末年始のお休みに入る前日に
傷口の様子を診せに行きました。
その数日前からテーピングしてある左翼の先が(見えている部分)
腫れ始めてどーしたんだろうと思いながらも
手術したからむくんだり、腫れたりするのかもしれないと
思って見過ごしてしまいました。

テーピングを取ったぷっちの左翼は先生もビックリするほどの
腫れようで「なんで、どーしてこんなに腫れちゃったの!!」と
言われました。
私も包帯の下の状態を見るのは初めてだったので
手術前とは比べ物にならないくらいひどい状態に驚き、
なんでもっと早く連れて来なかったんだろうと自分を責めました。
ぷっちの左翼は先の方まで黄色く色が変わっていて
全体がひどく腫れあがっていて
再発している可能性が高いと言われました。

翌日から病院が休みに入ってしまうので
担当の先生が他の先生にぷっちの状態を相談して

■今日だったら左翼を切除する緊急手術が出来るけど
  次は正月明けまで出来ない事。
■緊急手術をしない場合、症状がどうなるか分からない事。
■手術を受けなくて容態が心配な場合は
  お休み中でも病院に先生が誰かしらはいるので
  診察は可能という事。
■入院させる事も出来るけど24時間見ることは出来ない事。

をお話されました。
私はもうぷっちは良くなって飛べるようになると信じていたので
ショック&パニック状態で泣いてしまいました。
診察時間ギリギリまで考えて・・・考えて・・・考えて・・・
あんなにひどい状態なら切除してしまった方が良いのでは?
と思う気持ちより、出来るだけ翼は切らないであげたいと
思う気持ちが強かったので年末年始の休診中
担当の先生が来ている日に診察に連れて行くことにしました。

その後は毎週病院へ通院しました。
大きな腫れはひいて傷口部分のみの腫れになり、
小指の先ほどの小鳥にしては大きな真っ黒いカサブタが
目立つようになり、
そのカサブタが取れて下がどうなっているかで
また治療法が違うようでした。
1月20日頃ポロっとカサブタが取れて
今はその取れた穴もふさがって割りとキレイです。

だけど・・関節部分の盛り上がりは治らず、
関節が曲がらなくなってしまいました。
なのでもう飛ぶ事は出来ません(T_T)
関節が曲がらないので左翼が垂れ下がって羽を踏んだり
止まり木に引っかかってしまうので
先の方の羽を短く切っています。


Cimg3770_s

現在、体重は21g 食欲はあり!
糞の状態は良好です!
そして~1月で4歳になりました(*^_^*)

容態は安定していますが、現状維持出来るかどうか?
投薬と注意深く観察を続けています。

|
|

« お久しぶりです(^^ゞ | トップページ | 鳥かご改造計画!~つづき~ »

コメント

チョコママさん、こんにちは!
年末年始のぷっちの翼の状態はほんとうにひどくて
可哀想で何度も涙ぐんでしまいました(T_T)
私の判断が正しかったのかどうか?・・

『食欲あり!』と言うのがミソで・・・
手術後の翼が腫れた時も食欲は落ちなかったの;
食欲あるから、糞も正常だったので
重要視しなかったのよ(~_~)
ちょっとでもおかしいと思ったらすぐ病院!!
と反省しています。

投稿: rei→チョコママさんへ | 2007.02.17 17:39

ぷっちちゃん大変だったんですね。
reiさんが診察時間ギリギリまで考えて。。って
気持ち、私が同じ立場だったらどうするんだろう!?
きっとreiさんと同じ決断をするんだろうなぁ
とか色々考えさせられました。
reiさんの想いはぷっちちゃんに伝わってるから
あとは今の状態を維持して欲しいですね。
食欲あり!っていうのが嬉しいです!

投稿: チョコママ | 2007.02.14 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81792/13824306

この記事へのトラックバック一覧です: ぷっち・その後~:

« お久しぶりです(^^ゞ | トップページ | 鳥かご改造計画!~つづき~ »