« お墓参り | トップページ | すずめの絵本 »

2007.03.20

シータ・ぷっち通院

シータ&ぷっち通院日!

シータ 体重25g
聴診器で心音を聞くけどドキドキしすぎて
よく分からない。またまた酸素吸入。
糞検査は問題無し。
爪切りをしてもらいました。
お薬は継続です。

ぷっち 体重21g
左翼関節は固まってしまったけど
皮膚の色もキレイになり良好。
羽が生え変わってからもう少し短く切り揃えます。
お薬は切って様子を見ることになりました。
ぷっちも爪切りしてもらいました。

Cimg3784_s

ぷっちは手術後、飛べなくなってから
お返事・お喋り・抱っこが出来なくなっていました。
大きくなってもずーっと幼鳥のような性格で
無邪気で甘えっこのぷっちだったのに。。

傷が治って最初に部屋に放した時。
飛べなくなっている事が分からないぷっちは
いつも通りシータ&パズーのカゴまで飛んで行こうとしました。
でも出来るのは10cmぐらいのジャンプだけ;;
カゴの下まで行って何度も何度もジャンプする姿を見て
涙ぐんでしまいました(T_T)

今は少しづつだけど飛べない事に慣れてきたようです。
でも時々、ジャンプして飛び移ろうとする場所まで
届かなくて落ちてしまいショックをうけています。
そんな時は私の手の中でしばらくプルプル震えていて
とても可哀想です。

最近、お返事・お喋りが復活しました。
水浴びもバニラの水入れでしています。
抱っこだけがまだ不安があるようです。
前は誰にでも抱っこをせがんでいつの間にか
手の中にもぐり込んでいるぷっちだったけど、
今は自分からは手に入ってこれないので
両手で包むように抱っこしています。

そうすると目をつむっておとなしく抱っこされているけど
お腹をペッタリつけないらしくオシリが浮いています。
人の手が少し怖くなってしまったのかな?
オシリをつけて抱っこ出来るようになったら
ぷっちの心の傷が治るのではないかと思っています。


|
|

« お墓参り | トップページ | すずめの絵本 »

コメント

あはは(^。^)
ふぅちゃん、可愛いお友達にストカーされていたんですね。
幼鳥は興味津々ですぐくっついてくるからね~
疲れちゃったかな?
それはそれで楽しそうだけど!(*^_^*)

投稿: rei→桔梗屋さんへ | 2007.03.31 12:59

お留守番中の ふぅ の様子、コチラにちょっとだけ載ってます★

http://taira.blog.shinobi.jp/Entry/29/


どうやらヒナ文チャンにも弱気なプッチだった様・・・(^^;

投稿: 桔梗屋 | 2007.03.29 01:20

ぷっちは前の無邪気さを取り戻しつつあるけれど
やっぱり小鳥にとって飛べないという事は
すごく怖い事だと思います。
野鳥だったら死を意味するものね。

お尻はなかなかつく事が出来なくって
長い時間抱っこしてる時に2回だけです(~_~;)
すぐ手に乗ってはくるけれど・・・
『自分から手の中に入ってしゃがんで
お尻をクックッとしてペッタリ~』
がどうしても出来ないようです;
でも抱っこして欲しいから手に乗ってピッピッと鳴いて
両手で包んでもらえるのを待っています。

ドイツには文鳥居ないんですかね?
ふぅちゃんよそ様のお家にお泊りだったんですね。
他の文鳥と一緒で楽しかったかしら~^m^

投稿: rei→桔梗屋さんへ | 2007.03.27 16:09

小鳥が飛べないってことは私達が歩けないってコトと同じですモノ。
そう思うとぷっちチャンの動揺する気持ち、痛いほど判ります。
見守るreiさんもぷっちチャンと同じくらいに辛い気持ちを抱えてらっしゃるのではないかと思います。

コチラの記事から今日で6日経ちますが、その後のぷっちチャンの様子は如何ですか? まだお尻は浮いてるのかな??


アチラで鳥関係の本は無いかと探してみたンですが、インコ&オウム系が圧倒的!
フィンチではカナリアの本しか見当たりませんでした (涙)
(あとは野鳥本・・・・・・、文鳥は居ないかしら? ドイツには)

投稿: 桔梗屋 | 2007.03.26 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81792/14340238

この記事へのトラックバック一覧です: シータ・ぷっち通院:

« お墓参り | トップページ | すずめの絵本 »