« その後。。 | トップページ | お花 »

2010.01.24

その後。。つづき

たんたんとおきた事だけ書いていましたが
実際はレントゲンを見て説明を受けている時から
ずっと泣いていました。

パズーはかなり前から具合が悪かったのに
私は気付いてあげられなかった。。
あんなに苦しいほどお腹が腫れるまでなんの治療もしてあげられなかった。。

いつも一緒にいるシータの事を優先してパズーは2番目
去年の1月すごく元気がなくなって持ち直したシータが心配で
この冬は大丈夫だろうかとシータの事ばかり気にしていた。
今思えばパズーはたくさんサインをくれていたのに。。

29日深夜24時すぎ私の携帯が鳴りました。
今パズーが亡くなったとの知らせでした。
チューブで餌を食べさせる事は出来て糞も出ていましたが
最後は眠るように亡くなったそうです。
エコー検査でお腹で腫れていたのは肝臓とわかりました。
亡くなる頃には肺もほとんど潰れていたそうです。

翌日朝1番で迎えに行き
小さな白い箱に入ったパズー
3日間は夜眠る事も出来なかった。
自分を打ちながらパズーにごめんねごめんねとそれしか言えなかった。

2日家の庭にパズーを埋葬しました。
いつも居た窓際のすぐそばで愛リス、リッキーも眠っている場所です。

今、気持ちは落ち着いてきましたが
パズーの名前を無意識に呼んでいたり
白くて丸い幻が見えて涙ぐんでしまう事もあります。

大人しくてあまり鳴かなかったパズー
お返事はいつもシータがかわりにしていたので
今もシータがパズーの分もお返事してくれます。

何をしても嫌がらず怒らなかったパズー
握って爪切りしてもじっとしてた。

飛ぶのが1番上手だったパズー
トンッと上に飛び上がってからスーッと飛んで来る姿は
すごくキレイでした。

水浴びが大好きだったパズー
若い頃は私が食器を洗っていると飛んできて
無理やりせがんで手で水浴びしてたっけ。

夏は私の鎖骨に乗ってるのが好きだった。
抱っこも大好きで毎日手の中で撫でて寝てしまっていた。
好奇心旺盛で目敏く隠したものを見つけるのもパズー
人の口の中や鼻の穴の中まで覗き込んできた。

いろんな事を思い出してしまいます。
シータが大好きで、入院した時は家で1羽で待ってるのを寂しがっていた。
毎日キャルキャル口げんかする姉妹のような2羽
シータが病気になってから
パズーだけになったら寂しくないようにしようと考えていたのにね。

パズー。。今度生まれ変わったらもう1度ママの所に来てね。
待ってるから。。。

|
|

« その後。。 | トップページ | お花 »

コメント

くりこたさん、コメントありがとうございます。
私もパズーの事では何度時間をもどせたら・・・と
強く思ったことか。。
こんなに後悔した事はありません。

コタローくんの様子はどうですか?
放射線治療で進行を遅く出来るのでしょうか?
バニラは大学病院の検査、治療はしない事に
決めて今に至り日々元気に過ごしていますが
病気はゆっくりと進行しています。
前足にも力が入らなくなり、ちょっとした段差も
上れなくなってしまいました。
車椅子での散歩もペースが落ちてのんびり歩いています。
それでも時々前足だけで転んでしまうようになりました。
寝たきりになってしまうと体がどんどん弱ってしまうと思うので、動く気持ちがある間は出来るだけサポートしてあげたいと思っています。

バニラが子宮蓄膿症でとても弱ってしまった時、
私が心配でいつもと違う接し方をしているとバニラも不安になるから出来るだけいつも通りにしてあげて下さいと先生に言われました。
くりこたさんもコタローくんが心穏やかに過ごせるようにしてあげてね。

投稿: rei→くりこたさんへ | 2010.01.31 18:01

reiさんお久しぶりです。パズーちゃん亡くなってしまったんですね。残念ですがreiさんは本当によくやったと思います。
うちのコタローが年末から頭にこぶのようなものができて年明けの診察日に連れて行ったら骨の融解がみられるといわれ、10日にまた行って大きくなっているので検査するか大学病院に行くかといわれ検査を16日にしたら悪性の腫瘍がふく鼻空にできているといわれてしまいました・・・。
大学病院には行きたくなかったので伸ばしてしまった検査の間に腫瘍はどんどん大きくなって骨の融解も進行今は脳にまでいってしまっています。
本人は一時辛そうになったけれど今は元気になって
食欲もあります。先生のいうとうり早くに大学に行っていればよかったのに・・・と後悔ばかり
放射線しかないと聞いていったんはあきらめたのですが、セカンドオピニオンをつけてみなさいと周りから言われて車で30分ほどの病院へ・・・先生は抗癌剤もいらない手術でなんとかなるとおっしゃったので大学病院に検査をお願いしました。検査は足の麻痺もあったのでMRIも入り丸一日の検査入院・・・

麻酔もきれておでこのこぶのところと腰のところを刈られて涙いっぱいためたコタローが出てきました
一度はこのままと思ったけれどできる限りをしてあげようと家族で決めて細胞検査待ちをしていましたが、先日やはり放射腺での治療になると言われてかなりショックを受けています。

ちょっと遅いだけでも犬の病気は進行するもの
バニラちゃんのように車いすでの生活をするつもりも
今はかなり厳しい状況です。本人はまだ食欲もあるけれど骨の融解と腫瘍の大きさが完治はしない病気だと覚悟しています。ただせめてできる限りを尽くしてあげていのが本音。コタローを見ると泣きたくなるけれど頑張っていきたいと思います。
ブログの更新はしていませんしこれはreiさんだけに報告しています。

重くなってしまったけれどこれからもよろしくお願いします。くりこた

投稿: くりこた | 2010.01.26 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後。。 | トップページ | お花 »